茶どころ松江セット
選べるオリジナル湯呑(ペア)+和菓子詰め合わせ、煎茶セット

5,500円(税込・送料別)
松江が「茶どころ」と称されるのは、松平家7代藩主松平治郷(不昧公)の功績が大きく、茶道を家臣に定着させただけでなく、陶器や漆器、木工、茶菓子などの職人を地元で育成しました。
松江と他の茶どころとの大きな違いは、作法にこだわらずに薄茶を嗜む風習が定着していることです。雑誌編集者の花森安治は、松江のお茶を次のように活写しました。「この町では、お茶は、けいこ事でもなければ、見せかけの教養でもない。よその町で、番茶をのむように、さらさらと薄茶をたてて、のむ」。縁側で薄茶をたて、客は作法なしでそれを味わう。花森が愛したこんな昭和の光景こそ少なくなりましたが、現在の松江でも、お茶はまだまだ身近な存在です。
そんな茶どころ文化を感じるセットをご用意しました。

 
茶どころ松江セット画像

茶どころ松江セット

商品説明
※他商品と同梱包不可
※商品は受注後1~2週間前後で発送。(注文状況により、遅延する場合がございます。)
※オリジナル夫婦湯呑は手作りのためサイズ・色合いに若干、誤差が生じる場合がございます。
・高橋幸治窯  (高さ:7.7㎝ 口径:8.0㎝)
・陶 風 舎  (高さ:8.0㎝ 口径:8.0㎝)
・雲 善 窯  (高さ:8.0㎝ 口径:8.0㎝)